小学生や中学生では、ゴロを打つことが基本となってきます。
そう、フライはランナーが進塁できないだけでなく、守備の送球ミスの可能性がないのです。
小中学生では転がす打球というものをしっかりと打てるようになりましょう。
そうすることで、ノーアウトのランナーが出塁すると得点圏に進塁させることができますし、ヒットエンドランなどのサインにも対応できるようになります。

かといって転がすだけの野球はとってもおもしろくないです。
指導者の中には打球を転がすことに執着しすぎる人がいます。ハッキリ言ってこういう指導者は野球を教える資格はありません。
私が中学生の頃、フライを上げるだけで、グランド一周やダッシュをさせられました。
野球の面白さをわかっていく小中学生の時の嫌な記憶です。

フライがなければ長打はあり得ません。縮こまった野球なんて何の価値もありません。
あくまで、フライを上げることのリスクを肝に銘じさせることが指導です。
選手をゴロを打たなけでば走らされるという思考にさせてしまっては選手の可能性を潰してしまいます。


スポンサーリンク